もともとは東京で15年ほどリフォームの仕事をしていました。一時期、草津に滞在していたことがあり、その際に長野の友達に上田市を紹介してもらいました。上田市の城下町の古いたたずまいや面影、周辺の温泉などに惹かれたこと、また晴天率が高く、現場などの仕事環境にも最適なことからいつしか上田に住みたいと考えるようになりました。

 東京での仕事に区切りをつけ、まずは上田市の建築関連の会社に入り、町のことを知ろうと考えました。その後、独立を考えていたところ、上田城に近い現在の大家さん(金井養蜂場の金井様)とご縁があり、金井様の持ち家である築100年の古民家をリフォームし、事務所として使用しています。

 私はイギリスやスペイン他、海外での居住経験や滞在経験もありますが、それと比較しても上田市と周辺の素晴らしい土地柄に惹かれています。

​古民家をリフォームしたプレイハウスの事務所内の様子

 第一にお客様が何を求めているのか、ご要望をくみ取ることを心がけています。一種類の工事をご希望されているのか、それとも複数ご希望されているのか(外装工事、室内リフォームなど)。お家の不具合など工事を急いでいる場合はそれに対応も合わせるようにしています。

 またお客様に工事の様子を理解していただくために、工事過程をわかりやすくご説明し、写真報告書を作成するようにしています。

 お客様の声に耳を傾けるということです。お客様と一緒に考えてみようという姿勢を大切にしています。これは社内でも同じで、スタッフの意見を楽しく聞かせてもらい、良いアイデアは採用します。結果は後からついてきます。
 お客様とは打ち合わせの段階からコミュニケーションを大切にしており、そのためかリピーターになってくださったり、ご紹介していただくことも多いです。下請けではなく直接お客様とやり取りして工事の予定を立てるので、第三者をはさまずにお客様の意見を柔軟に反映させられるようにしています。ストレートに意見交換を交わすので、余計なオプションなどはお付けいたしません。また、選択していただける商品や素材などもメーカーの縛りを設けず、お客様や職人との相談の中で一緒に決めさせていただいています。

 弊社の事務所の雰囲気づくりにはこだわっています。私自身、最新の洋楽や昔ながらのジャズなどが好きなので、幅広い洋楽を流しています。また、アルバムなどを壁に飾ったり、事務所に来てくださったお客様にサイフォン・コーヒーを入れておもてなしをしています。事務所の居心地の良さは大変ご好評をいただいており、お客様や関係者などが自然と集まってくるような楽しい空間になっていると思います。この文章をご覧の方も是非お気軽に弊社事務所にお立ち寄りください。

​(プレイハウスのおすすめ音楽リンクはこちらから)

事務所の壁にレコードジャケットをレイアウトして雰囲気づくり

 今後、少子高齢化がますます進んでいく中で、ご高齢の方も住みやすい住環境の整備をすることは重要になってくると思います。プレイハウスもリフォームの力で、バリアフリーやご高齢の方も心地よい住まい環境づくりを支えていきたいと考えています。
 また、リフォームの需要は少しずつ伸びてきているので、古民家を改装してコミュニティスペースやカフェを開きたいといったニーズや、事業承継にあたって店舗をリモデルしたいという若者世代のニーズにも対応したいと思っています。
 もちろん、一般住宅の外壁塗装を中心としたリフォームや室内のリノベーションの案件にも、一生懸命お応えしていきます。また、上田市周辺のみならず、関東の工事にも足を運んで取り組んでまいります。
 時を経たお住まい、思い出の詰まったお住まいを、時代に合わせて新しく蘇らせることが可能です。これからも弊社の良さを生かしつつ、地域の方々のニーズをくみ取り、リフォームの力で快適な暮らしのお手伝いをしていきたいと思います。
 

代表 坂田信明

                    (編集・文責 伊藤愛子)

プレイハウス

TEL: 0268-26-3171

〒386‐0023 長野県上田市中央西1-14-9

[Web] https://www.playhouse.jp

[Mail]  support★playhouse.jp

​(メール送信の際、★を@に変えてください)

​お問い合わせフォームはこちらから

営業時間 9:00-18:00
定休日 日曜・月曜

お家のお悩み、アツく解決するワン!